託児所どんぐり (はこだて子育て支援ねっと)

どんぐりの「木育」「食育」「自然教育」

line2

保育テーマは「木育」「食育」「自然教育」です。


どんぐり「木育(もくいく)」とは


『木とふれあい』  『木に学び』  『木と生きる』

『子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて,人と木や森との関わりを
主体的に考えられる豊かな心を育むこと』

という、『木育』の基本的な考え方を、どんぐりの施設・保育に組み入れ
『どんぐりで、体験できる木との触れ合い』をテーマに木育を進めています。

北海道の「木育」のホームページは、こちら。


「どんぐり」では、

木製おもちゃ・机・椅子・無垢の梁・木の腰壁・「木の砂場」等
常に手に触れることのできる木・常に木を感じることができる
環境が子ども達を待っています!



line2


どんぐり「食育(しょくいく)」とは

内閣府食育推進室(食育基本法)の定める「食育推進基本計画」に基づき、出来ることから
「食育」を進める取り組みをしています。

「食育」ってなんだろう?

◎ 朝ごはん・昼ごはん・夕ごはん、きちんと食べているかな?

◎ ご飯・野菜・肉・魚など、何でも好き嫌いせず食べているかな?

◎ 食べ物の安全について知らないまま食べていないかな?

◎ 食べ物がどこで作られてるか知っているかな?

◎ 食べ残してないかな?

◎ みんなのすんでいる所で昔から伝わる料理を食べたことあるかな?



「どんぐり」では、

どんぐり畑で育てた「有機栽培の無農薬野菜」を、子ども達が自分の手で
調理し食べる体験をしています。
給食にも、子ども達の育てた野菜や、地域の農家より頂く季節の野菜を
使用し、時期や季節に配慮しています。
果物狩りや、牛の乳搾り、海での地引網などを通して、農業・酪農・漁業
などの、生産者の人たちと会う機会を持てる「食」に関わる体験も多く
取り入れています。



line2


どんぐり「自然教育」とは

身近な自然環境との触れ合いを大切にし、様々な関係機関や協力していただける方と
自然体験をする機会を沢山もつことで、自然の大切さに気付き、自然と共に生きると
いう、未来を生きぬく力を育むことです。

「どんぐり」では、

菜園の世話や収穫・・・種や苗から育て、雑草抜き、収穫までを先生と一緒に
              子ども達の手で行っています。

植林活動やそれに伴う苗の育成・・・林業試験場や近くの公園で拾ってきた
                       どんぐりの実などを植えて、植林用の
                       苗を育て、地域の植林活動へ参加しています。

地引網・牛の乳搾り等・・・地域の特色を生かした自然体験を、親子で体験できる機会を
                多く取り入れ、家族でも自然に触れて
                いただける機会も多く持ちます。




「どんぐり」は、

北海道水産林務部林務局林業木材課

渡島総合振興局産業振興部林務課

渡島総合振興局東部森林室

北海道渡島教育局

木育をすすめる会「木育ファミリー」

七飯精神障害者通所授産施設「ぽぽろ館」

財団法人 自然公園財団 大沼支部

NPO法人 北の森と川・環境ネットワーク

北海道立 林業試験場 道南支場

大沼国際セミナーハウス

道立 森少年自然の家 (ネイパル森)

株式会社ハルキ

株式会社 八晃建設


( 敬 称 略 )

より「木育」「食育」「自然教育」に関する支援・ご協力を受けています。

「どんぐり」に、習い事はありません。

あるのは、木を感じることの出来る施設と、いっぱいの自然体験だけです。



line

どんぐりトップページ


お問い合わせ先
認定こども園
ど ん ぐ り
TEL:0138-64-4150
TEL:0138-87-0832
FAX:0138-64-4180
亀田郡七飯町大川7丁目3-4
info@kodomo-donguri.com
QRコード 携帯電話のバーコードリーダーで住所/電話番号/メールアドレスが読み取れます。
託児所どんぐり地図

※携帯電話からのお問い合わせの場合は、迷惑メール対策の機能を使用していると、お返事が送信できません ので設定の変更をしていただくか、どんぐりのメールアドレスの登録をお願いいたします。
NTT DOCOMO → 「ドメイン指定受信機能」
SoftBank → 「受信可否設定」
au → 「指定受信機能・指定拒否機能」他

Copyright (c) 2010 Donguri All rights reserved.