託児所どんぐり (はこだて子育て支援ねっと)

title

(1号認定)


line2

「どんぐり森のようちえん」の内容です!

(1号認定)


「森のようちえん」とは?

☆ 森のようちえんとは?☆

1970年代にデンマークで始まったシステムで、先生と園児が、共に森の中での生活を楽しむ幼児
教育活動です、ヨーロッパではこのシステムを採用する幼稚園が多く、ドイツでは300園以上の幼稚園がこのシステムを採用しています。


「どんぐり 森のようちえん」の子ども達は午前中を中心に、園外の「フィールド」と呼んでいる森・山川・海・公園などの自然環境の中で、おもいおもいに自然と関わりながら活動をします。
活動の内容は「ツリーハウス作り」「木の遊具作り」「自分たちの手による野外炊飯」など、「森のようち
えん」ならではのものとなりますが、午後は「幼稚園教育要領」に基づいた「製作」「絵画」等の年齢に応じた幼稚園と同様・同等の教育内容もコースの活動になります。

森のようちえんに通う子どもたちは、森の中で新鮮な空気を吸い、十分な運動をしているので病気に
なりにくく、午前中森でしっかり遊んでくるので、午後は静かに屋内で過ごし夜も熟睡できるなど
さまざまな効果が認められています。

その他、通常の幼稚園児と比べて以下のような特徴を持つそうです。
   1.年下の面倒見が良い
   2.喧嘩が少ない
   3.問題解決の道を子供たちだけでも見つけることができる、などなど・・・
自然の中で自然の素材を使って飽きることのない遊びを創造する「発明家」を森で育むのが
『森のようちえん』です。

☆ 「森のようちえん」教育方針・方法 ☆

「森のようちえん」の子ども達は、園外の「フィールド」と呼ばれる森・山・川・海・公園などの、自然環境の中で、思い思いに遊ぶ活動を行うことで、


  ◇ 「怪我を恐れず・健康で丈夫な身体を」
  ◇ 「多少の出来事ではへこたれない強い心を」
  ◇ 「危険な物・事・場所を自分で判断できる判断力を」
  ◇ 「様々な環境や素材の中で、自由な発想力や考える力を」
  ◇ 「お互いに協力したり、おもい・ねがいを共有することで
                 人との繋がりや人の温かさに気づく心を」
  ◇ 「自然に触れ・肌で感じることで、自然の偉大さや、厳しさ、優しさを」
  ◇ 「テレビやゲームでは絶対に体験できない、本物の体験を」
                                                 育みます。

現代の子ども達には不足していると指摘される
「場面や状況を的確に判断することで、誰かの指示を待つことなく自分で考え自分で
 的確に行動する力」
を育む基礎となるのは、生活の中での気付きが大きな役割を占めます。自然の中には、日常生活以上に気付きのチャンスが沢山あり、そのチャンスをコースの子どもたちには力強く手にして欲しいと思っています。

「森のようちえん」は、屋外での活動のみを行うのでは無く、文部科学省の設定する
「幼稚園教育要領」に基づき、教育目標を設定し、子ども達の年齢に適した活動も
十分に指導計画へ盛り込みます。

主たる活動の場は屋外にとなりますが、どんぐり内には「森のようちえん」のクラスルームもあり
屋外活動の前後、悪天候の場合、指導計画上必要な屋内活動は、クラスルームで行います。

屋外での活動が主になりますので、ご家庭での体調管理等も重要になることから、ご家庭との連携を
深め園と家庭の協力体制の下で子ども達を育むことが出来るように努力いたします。

☆ 「森のようちえん」のクラス活動 ☆

3歳児・・・2歳児クラスや家庭のくらしから、野外での集団活動への移行期間として、基本的な集団活動が出来るよう、心と体を育んでいくクラスです。

4・5歳児・・実際に野外活動を基本とし、本格的な「森のようちえん」の活動を行います。「森のようちえん」では、「大自然」との触れ合いを通じて、自然の大切さに気付き、自然を大切にし、自然と共に生きるという、未来を生き抜く力を育んでいきます。

「森のようちえんの写真はこちら!」


line2
 
☆ 「森のようちえん」のフィールドについて ☆

メインフィールド4箇所を主に、約10箇所のサブフィールドを利用し、保育を進めて行きます。
屋外の活動には危険が伴いますので、クラスの様子や子ども達の状態を十分に鑑みて「フィールド」の
選定・活動内容を決めることで指導計画を立てます。
メインフィールドについては、継続性のある活動を主体とし、サブフィールドは「森」にこだわることなく
子ども達が自然体験を出来るフィールドや、年齢相応に楽しめるイベント等であれば、どこへでもバスに乗り出掛けて行くことで、様々な場に活動を広げてゆきます。


「どんぐり森のようちえん」フィールド一覧
フィールド名 所在地 体験できること
元気もり森 七飯本町 自然観察・木の遊具・沢遊び
ネイパル森 森町 畑作業・野外炊飯・木工・陶芸
大沼森林公園 七飯大沼 森遊び・野外炊飯・そり遊び
にんにく沢川上流 七飯大川 川遊び・水遊び・植樹



上磯ダム公園 北斗市 野外炊飯・広場遊び・そり遊び
上磯漁港横砂浜 北斗市 海水浴・水遊び
茂辺地漁港横浜 北斗市 磯遊び
匠の森 北斗市 野外炊飯・広場遊び



四季の杜公園 函館市 自然観察・野外炊飯・そり遊び
赤川ダム公園 函館市 自然観察・川遊び



田んぼ 七飯町内 泥遊び・田植え・稲刈り他
黄色の4ヶ所が「メインフィールド」となります。H26年度現在

line2

「森のようちえん」保育時間
曜日 保育時間 預かり保育
月・火・水
・木・金
8:30~15:00 左記保育時間以外7:00~18:00
土・日・祝 お休み お休み

土・日・祝・預かり保育以外の時間帯については、
「どんぐり」の利用方法に基づき利用可能です。
※9:00までに当園して下さい。



「森のようちえん」保育料(1号認定)
 保育料 在住の市町村により異なります
給 食 費(希望者) 290円/食
預かり保育(希望者) 上記の保育料+7000円/1ヶ月、+400円/1日
※給食コースをお選び頂いても、週1回程度のお弁当持参日があります。

個人教材代が入園時に、別途必要になります。


※正確な保育料の見積りは、電話・FAX・メールでお問い合わせ下さい。


line

どんぐりトップページ


お問い合わせ先
認定こども園
ど ん ぐ り
TEL:0138-64-4150
TEL:0138-87-0832
FAX:0138-64-4180
亀田郡七飯町大川7丁目3-4
info@kodomo-donguri.com
QRコード 携帯電話のバーコードリーダーで住所/電話番号/メールアドレスが読み取れます。
託児所どんぐり地図

※携帯電話からのお問い合わせの場合は、迷惑メール対策の機能を使用していると、お返事が送信できません ので設定の変更をしていただくか、どんぐりのメールアドレスの登録をお願いいたします。
NTT DOCOMO → 「ドメイン指定受信機能」
SoftBank → 「受信可否設定」
au → 「指定受信機能・指定拒否機能」他

Copyright (c) 2010 Donguri All rights reserved.